夜の営みは義務ではなく楽しむもの

夜の営みにおススメ媚薬

媚薬の通販

 

夫婦の夜の営みを義務的に行っていませんか?

 

恋人どうしの時はあれほど燃えたのに、結婚してしまうと何かが変わってしまう。

 

特に子供を産むと性欲がなくなることも。

 

いつまでも恋人どうしのように夜の営みはできないものでしょうか・・・。

 

私がその気になっても、旦那は仕事で疲れてすぐに寝る。

 

旦那が求めてきても、その気になれなくて義務的なセックスに。

 

そんなちぐはぐな夜の営みを変えられないものか。

 

媚薬というものを使ったらどうだろう。

 

一度試してみよう!

 

媚薬の通販

 

夜の営みについて語り合うカップル

(イメージ)

 

夜の営みについて・・・

 

夫婦の営みはお互いの理解のうえにあるのが理想

夫婦と言えどもその形は十人十色考え方が違って当たり前だと思いますが、私は子供を授かった後にも夫婦間の夜の営みがあるのはいいことだと思います。

 

肌を触れ合うことでお互いの愛情を確かめられますし、スキンシップは心の安定にもとても有効です。

 

そして、行為の頻度なのですが個人的には月に一回あればいいかなと思いますがそれも人それぞれですよね。

 

仕事が忙しくて体が疲れてしまいなかなかそういう気持ちになれなかったり、子供が夜泣きを始めてしまい中断しているうちになんとなく避けるようになってきたりすることも時にはあります。

 

だからといってそのままレスになってしまうのは寂しいことです。

 

また、夫婦間でどちらかが我慢したり嫌々付き合ったりするなんてケースも周囲の人から聞かれたりしますが、夫婦なんだから言わなくても通じ合えていると考えるのではなく、デリケートな問題なのでお互いよく話し合って、性に対する考え方を夫婦で折り合わせていけるのが理想です。

 

情報番組などでたまに、日本人は世界的に見ても夫婦間の営みが少ないというデータが出ていると聞きます。

 

でも、少ないからと言って夫婦仲が悪いという結果には直結しませんよね。

 

年を重ねて自然に行為が減っていくこともありますし、少ない行為でもお互いが心から満足していれば何も問題はないと私は考えます。

 

夫婦間の営みは関係を円滑に保つためにも大切なことだと思います。

 

お互いを一生のパートナーとして選んだのだから、いつまでも仲良くいたいものですね。

 

抱き合う外国人カップル

(イメージ)

 

愛情あっての夫婦生活、お互いの思いやりが何より一番

小作りというのは夫婦の性愛の歓びの結果であり、子供を作るために夜の営みをするというのは本末転倒だと思います。

 

母体は子供を作る道具ではなく、あくまで夫と愛を分かつために存在するものと考えるべきではないでしょうか。

 

頻度もまた、各家庭の事情にもよるので一概に決められるものではないですが、両者が健康体で、愛情にみちているなら一週間に一度、といったところではないでしょうか。

 

年齢を重ねてくると、一週間に一度はきつくなるので、月二回ぐらいの割合が理想では。

 

中高年の場合は、まるでないのは寂しいので、お互いの体を気遣いながら、興がのったときに行えばいいと思います。

 

性行為が減少傾向にあるのは、物価上昇や、家のローン返済と言った経済的理由や、職場、あるいは日常においての複雑な人間関係による多大なストレスなども大きく影響してるものと思います。

 

残業、残業で、くたくたになって帰宅する夫に、一日中家にいて、元気のありあまっている妻が、ベッドに入るなり求めても、休養を何より必要としている夫が、はい、はいと応じるはずはありません。

 

最初の間はそれでも、自分を発奮させて妻の相手をしていた夫も、そのうち、職場で睡魔に襲われたり、集中力が欠けたりなどして、仕事に支障が手始めるとさすがに、夜になると妻に背をむけて眠るようになり、それでも執拗にせまられると、「仕事にさしつかえるから」の一点張りで、狸寝入りを始めるようになるのです。

 

結婚していながら、妻に内緒でこっそりアダルトビデオをみて、安易に自分を慰めている夫の数も最近増えつつあると聞きます。

 

夜の営みについて悩む夫婦

(イメージ)

 

私達の夜の営みは月に一回くらいです

私達夫婦の営みは月に一回くらいです。

 

だいたいは給料日の後です。

 

妻の方から私の布団に潜り込んできます。

 

たぶん一か月間お仕事ご苦労様という感じでやってくるのだと思います。

 

最近は私の方からは行きません。

 

還暦を過ぎると正直夜の営みはとても疲れます。

 

妻には悪いのですが最近では妻を満足させていないような気がしますが月一回は出来ても出来なくても頑張りたいと思います。

 

精力剤を飲んで頑張る時もあるのですがあまり効き目はありませんが回数ではないと思います。二人で共に愛し合う事が大事だと思います。

 

私が終わってしまっても妻はいつまでも傍にいてくれて余韻を楽しんでいるようです。

 

若い頃はそんな時必ずもう一回は出来たのですが還暦を過ぎるととても無理です。

 

妻はその事を知っていてもいつまでも傍にいてくれます。

 

そんな妻をとても愛おしく思えてきます。

 

彼女と結婚して良かったと思いました。

 

若い頃はあまりそんな事を思いませんでした。

 

何回もしましたがただ自分の欲求を満たすだけで結構乱暴にしていたように思います。

 

終わった後はさっぱりした感じで自分のしたい事をしたりそのまま寝たりしてとても勝手な営みだったような気がします。

 

しかし最近では営みがなくても二人で仲良く話をしたり一緒にテレビやビデオを見たりして楽しんでいます。

 

とても二人の時間を大事にしていると思います。

 

子供達が離れてこれからは二人だけで生きて行かなければいけません私は妻がいなければ何もできませんのでこれからは妻に寄り添って生きて行きたいと思います。

 

妻にはできるだけ迷惑をかけないように仲良く余生を暮したいと思います。

 

いつまでも夜の営みは大切と感じる老夫婦

(イメージ)